「二日酔い」になってしまった時の対処法をご紹介します!

こんにちは
さいたま市南区南浦和の整体・カイロプラクティック・産後骨盤矯正のライフ快療院の梶田です。

今回は「二日酔い」の対処法についてお話しします。
12月も後半に入り、お酒を飲む機会も多くなりますよね〜
「忘年会だから…」「クリスマスだから…」といって、いつもより飲みすぎてしまって、「翌日つらい…」という方もいらっしゃると思います。

二日酔いの症状には脱水、吐き気、身体疲労(だるさ)、頭痛などがあります。
アルコールには血管を広げる働きがあり、気分を高揚、リラックスさせてくれます。
しかし、飲みすぎてしまうとこの血管を拡張している時間が長くなり、血管が炎症を起こし頭痛の原因となります。
ですから、頭痛の対策は拡張している血管を収縮させることが一番です。
実は、血管を収縮させるには「カフェイン」が有効なんですので、コーヒーやお茶を飲んで落ち着かせるとよいでしょう。

また、お酒を飲むと「脱水症状」になり、頭痛、身体疲労(だるさ)、吐き気などの症状を引き起こします。
アルコールには利尿作用があるため、飲酒により摂取した水分以上の水分が失われてしまうのです。
これを予防するには、お酒を飲む時に同時に「水」を飲むようにすると良いです。
いわゆる「チェイサー」です。本来、チェイサーは強いお酒を飲む時に飲む「軽いお酒や水」のことを指すのですが、二日酔い防止のためにこの場合は、ビールや酎ハイ、ワインなどの時にも「水」も同時に飲んだほうがいいです。

それでも、翌日に二日酔いになってしまった場合は「スポーツドリンク」が有効です。
スポーツドリンクはアルコールにより失われたナトリウムやカリウムの補給をしてくれ、人体に近い浸透圧により吸収が早いので、「水」を飲むよりも効果的なのです。しかし、スポーツドリンクは糖分も高い場合が多いので、「水」で割って飲むことをお薦めいたします。

私も愛用している「秋ウコン」もお薦めいたします。
ウコンには、春ウコンと秋ウコンがありますが、秋ウコンは肝臓に良いとされる有効成分クルクミンを春ウコンに比して約10倍以上も含有していますので、お酒を飲む前に飲むと効果的です。

楽しいお酒で年末年始をお過ごしください!!

PAGETOP