姿勢にいい座り方って何ですか?

こんにちは
さいたま市南区南浦和の整体・カイロプラクティック・産後骨盤矯正のライフ快療院の梶田です。

お客様から「姿勢にいい座り方って何ですか?」とよく質問をいただくので私の見解をお話しさせていただきます。

まず、姿勢にいい座り方との定義として、「坐骨でしっかりと上半身を支えている」「背骨は緩やかなS字カーブを描いている」「頭が首にしっかりと乗っている」という3点を頭に入れておいて下さい。
この3点をしっかりとクリアーしている状態なら、どのような座り方でもいいと考えています。

お客様には「ソファーに座る、体育座りはできるだけさけてください!」とお伝えしています。
この2つの座り方をすると、「背骨がC字」なりやすくて「骨盤が後傾」しやすくなるからです。

そして、
「実は、この座り方なら絶対に大丈夫!という座り方はないのです。
正座は、骨盤と背骨には良いですが、膝に負担がある方はやめた方がいいし、あぐら座りは体育座りよりはいいですが、やはり背骨がC字になりやすいです。
イスに座る場合は、できるだけ座面が固いイスに座り、坐骨でしっかりと座るなどの点を注意して下さい」
とお伝えしています。

座る時は、「坐骨でしっかりと上半身を支えている」「背骨は緩やかなS字カーブを描いている」「頭が首にしっかりと乗っている」という3点をクリアーできるように日常生活をお過ごし下さい。

◎猫背・姿勢改善をしたい方、体の歪みが気になる方➡ライフスタンダードコース

PAGETOP