自分にあった「枕(まくら)」の簡単な作り方をご紹介します

こんにちは
さいたま市南区南浦和の整体・カイロプラクティック・産後骨盤矯正のライフ快療院の梶田です。

今回は、当院にいらっしゃるお客様からよく聞かれる「まくらってどういうのがいいんですか?」という質問についての私の考えをお話したいと思います。

皆さんは、寝る時に「まくら」を使っていますか?

私は、使っていません…
健康にとって「睡眠」をしっかりと取ることは非常に重要な事だと考えているので、「敷き布団」にはこだわったものを使っています。だた、「まくら」に関しては、色々試して、情報を集めて調べた結果、私の場合は「使わない」という選択をしました。

私は、人それぞれの「背骨のS字ライン」の具合によって「まくら」の高さを調節するのが重要だと考えています。
当院にいらっしゃるお客様の中でも、「通っているうちに今まで使っていたまくらが合わなくなってきた」という方もいらっしゃいます。
これは、「骨盤や背骨」の矯正をすることで、体のバランスが変化して、首の彎曲の状態が変化したからです。

そこで私は、「バスタオルまくら」を薦めています。
まずは、「バスタオル一枚」用意して頂きます。
そして、そのタオルを「1〜3回」折りたたんで、自分が寝やすい高さに調節します。

慣れてきたら、折りたたんだタオルを段々と厚みを減らして、最後には、折りたたまないで一枚にした状態寝れるようになると良いと思います。

ぜひ、お試しくださいね。

PAGETOP