骨盤を起こして座ることで「腰痛」や「肩こり」の予防になります。

こんにちは
さいたま市南区南浦和の整体・カイロプラクティック・産後骨盤矯正のライフ快療院の梶田です。

まずは下のイラストを見て下さい。
左側が骨盤が寝ている(骨盤後傾)、右側が骨盤が起きている状態です。
骨盤後傾になると腰がそっているだけでなく、首にも負担がかかっているのがわかると思います。

ですから、骨盤後傾でイスに座ると「腰痛」「肩こり」になるリスクが高まるので、
骨盤を立てた座り方をマスターすることが大切になります。

kotuban-ilast_002

骨盤を立てた座り方ですが、「椅子」の場合、「太もも」に体重を乗せ、「股関節」を軽く曲げ、やや「腰」反らすようにすると出来ます。

seiza
「床に直接、座る」場合は、イラストのように「胡座(あぐら)」座りだと骨盤後傾気味になるのであまりおすすめしません。

正座が良いのですが、正座は膝が辛くなる方も多いので、胡座(あぐら)で座る時に、お尻の下に「クッション」「座布団」を敷いて座ると、骨盤を立てた姿勢で座ること事ができますのでお試し下さい。

PAGETOP