1分間、耳を引っ張るだけで身体がリラックス出来る方法をご紹介します。

頭蓋骨は、いくつかの骨で構成されています。
大脳の前頭部を載せるお皿のような骨を「蝶形骨」といいます。Sphenoid_bone

この赤い部分が蝶形骨ですが、名前のとおり「蝶々の形」をしていて、左右のこめかみからこめかみへとつながる骨で、耳が緊張して側頭部が固くなると蝶形骨が圧迫されて、この骨が横隔膜とつながっている関係上、呼吸に影響が出て筋肉が緊張しやすくなります。

それでは、両耳を引っ張ることで蝶形骨を介して横隔膜をゆるめる方法を紹介します。

①両耳を指で軽くつまんで、頭の側面から2~3ミリ程度浮かせるように横に引っ張る
②両耳の間にピンポン玉があるイメージをして、吸うときにピンポン玉が大きくなり、吐くときにしぼむように呼吸をして下さい。
③しばらくすると、肋骨の下のほうが緩み、横隔膜がリラックスしてきて、すっきりしてきます。

お試し下さい!

藤本靖さん著「疲れない身体」をいっきの手に入れる本より抜粋・参考

PAGETOP