妊婦さん・産婦さんの3大悩み「便秘・痔・尿もれ」に有効な「だるま体操」を紹介します。

医学書などや雑誌などに書いてありますが、ここ数年の女性の身体は変化しているようです。

最近の傾向として、妊娠期や産後の方の「便秘・痔・尿もれ」が増えているようです。
尿もれなどは、「尿漏れパッド」がドラッグストアにもあるので悩んでいる方が多いのでしょうね。

当院の「妊娠期や産後コース」にいらっしゃる方の中にもこれらの悩みを抱えている方が多いように感じます。

一般的に「尿もれは尿道付近の筋肉を締める体操をする、痔は患部を清潔に保ち、温める」と改善するのですが、実際にはこのようにしても改善しない例が多いようです。

実は「便秘・痔・尿もれ」などの問題の根本原因は意外だと思いますが「骨盤」「背骨」にあります。

骨盤がゆがんで不安定になると背骨のS字が保てなくなり、胸板が薄くなり、内臓が下がり骨盤の底に負担がかるので「便秘・痔・尿もれ」になるのです。images (3)

 

この状態を改善するための体操が「だるま体操」です。

それでは、やり方をご紹介します。

①最初に、あおむけに寝た姿勢から膝を深く曲げ、両腕でをかかえます。

②この姿勢でだるまのように背骨で丸めた身体をゆらゆらと揺らします。これで固くなった腰部の筋肉を伸ばしてストレッチしている状態です。

③ゆっくりと揺らしながら、腰や背中の筋肉もストレッチしていきます。目安の時間30秒から60秒です。

毎日やっていると段々と壁に背中をつけた時の状態が改善してきます。

立ち仕事などで腰が張っている方、反り腰の自覚がある方にも有効ですので、ぜひやってみてくださいね。

この体操でも「便秘・痔・尿もれ」が改善しない方は、骨格のバランスがくずれて、骨盤や背骨の歪みやある可能性が高いので、
ライフ快療院 フリーダイヤル0120−428−099までご相談下さい。

PAGETOP