自律神経の乱れからくる体の不調は「骨盤」や「背骨」の歪みが関係しているかも!?

人間関係や仕事などでの精神的なストレスや過労、事故、怪我などで「自律神経」は乱れます。
さらには「音、光、温度」などもストレスとなり、そのストレスが過剰になると、「交感神経と副交感神経」のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れます。

また、昼夜逆転などの「不規則」な生活などでの慢性的な寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活など不摂生を続けていると、「生体リズム」が狂って自律神経のバランスを乱す原因になります。

このように「自律神経」のアンバランスにより様々な体の不調が起こるのですが、実は、「骨盤と背骨」のバランスを整えることにより自律神経の働きが改善し、身体の元気になるのです。

なぜなら、「自律神経」は脳から背骨の中を通って、身体の隅々まで行き渡り、筋肉や内蔵に司令を出すので、この根本である「背骨」に歪みがあることで神経バランスが乱れるからです。

自律神経による身体の不調を感じている方は、一度、「姿勢の歪み」をチェックすることをお勧めいたします。

PAGETOP