ダイエットでのカロリーコントロールって…

ダイエットは、決して「食事を減らす」ことではなく、

理想的な食生活、運動によって、「健康」を取り戻す、

または維持することです。

ただし、食べすぎの人であればやっぱり食事量を落とすこと

から始めないといけないかもしれません。

ダイエットの公式を見て下さい。


「体重の増減」 = 「毎日の摂取カロリー」 – 「毎日の消費カロリー」


これは、単純に体重を落とすならば、

毎日の消費カロリーよりも低い摂取カロリーに抑えなさいと

言う、あたり前の事実です。


当然、毎日の消費カロリーは、定期的な運動を行っていれば、

毎日の消費カロリーが多くなり、

その分、多く食べても太らないことになります。


しかし、体重を落とすために、運動を始めるよりも、

まずは食事制限から考えて欲しいです。

実はマラソン(42.195キロ)を一回走って消費する脂肪は約300グラムしかないって知ってましたか。

昔、グリコのキャラメルに、

「一粒で300m」と言うキャッチフレーズが使われていたのをご存じですか?


これは、グリコのキャラメルの栄養価が高いことを

アピールするキャッチフレーズだったのですが、

簡単にいえば、「カロリーが高い」と言うことです。


つまり、キャラメルを1粒食べると、

その摂取カロリーを消費するのに、

300mも走らなければならないのです。


ひと箱食べてしまったら、3kmですよ!


1.キャラメルひと箱を我慢する。

2.キャラメルを食べて3km走る。


どちらが楽ですか?


カロリーコントロールは、

忙しい人でも、お金のない人でも、

誰でもできることです。


なので、毎日の摂取カロリーは、

出来るだけ早いうちに意識づけを行って欲しいのです。


と言っても、きちんとカロリー計算を行って、

それに合わせてきっちりと食事制限をしろと言いたいわけではありません。

まずは意識をして欲しいだけです。


何かどのくらいカロリーがあるのか?

知ってると知らないでは、それだけで食生活に

影響が出てくると思います。


なので、効率よくするカロリー計算する為に、

市販のダイエット本などを購入して、

大まかなカロリーは覚えてしまいましょう。


今はいろいろな本が出ていますので、

2,3冊買ってみて、寝る前や、通勤、通学中などに、

カレーやスパゲッティ、ラーメンなど、

主な外食料理のカロリーは、暗記してしまいましょう。


もちろん、お店によって、実際のカロリーはまちまちだと思いますよ。

でも、だいたいのカロリーを把握して、

大まかに計算出来ればいいですよ。

あとは、日々の体重の増減で、

もっと減らそうとか、逆にもっと食べて大丈夫だとか、

調節していけばいいのです。


ここらへんは、だいたいでいいのです。

でも、その「だいたい」が出来るようになることが、

非常に重要です。


それに、このようにカロリー計算をすることは、

我慢の為に行う訳ではありません。

むしろ逆です。


無理に我慢するのではなく、

自分が食べても太らない量を知ることにより、

食べられる分は、太ることを気にせず食べて欲しいというのが、

一番の目的です。


日々の食事制限も、間食や甘ものを、

絶対厳禁だけでは、ストレスになって続きません。

どこまで制限すればいいかがわかってこそ、

間食や甘いものも、適度に食べられるようになるわけです。


カロリー表のようなものは、

インターネットで検索しても、すぐに出てくると思いますが、

毎日こまめに見て、出来るだけ暗記してほしいので、

必ず書籍を購入してくださいね。

PAGETOP