産後こそ何気なくしている動作に気をつけましょう!

こんにちは
さいたま市南浦和の整体・カイロプラクティック・産後骨盤矯正のライフ快療院の小田智子です。

妊娠中は、おなかの赤ちゃんのために体の使い方にも気をつけていたけど、産後は、そんなに気遣っていられないというママさん達、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

でも、骨盤の歪みや筋肉のバランスの悪さは、ふだんの何げない行動にも大きな要因があります。
みなさんが1日1回は行う動作を意識してチェックしてみてください。
注意するだけで、骨盤への歪みの影響が減り、痛みや違和感がやわらぐポイントをあげてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

・床やソファーでの横座りやぺたんこ座り(あひる座り)、体育座りなど長時間同じ姿勢でいる
・子どもを抱くときに腰骨にまたがらせるように抱く 、または片方の腰骨にばかりのせるように抱っこする
・イスやソファに腰を丸くし、もたれるように座る
・子どもを自分のほうに引き寄せずに離れたところから抱いたり、一度しゃがんでからではなく、中腰または腰を折るような形で抱っこする
・添い寝したままの授乳(添え乳)をする
・ローライズジーンズや窮屈なズボンをはく

images (1)  images (2)

 

全ては難しいかもしれませんが、少しでも骨盤や周囲の筋肉、関節に負担をかけないようにして、
不快症状を悪化させないようにしましょう!

気をつけても症状が緩和しない方、産後の骨盤の状態が気になる方には

産後のママさん達を応援する→「産後骨盤矯正コース」

ライフ快療院 小田智子

 

PAGETOP