正しく座って尾てい骨の痛みを防ぎましょう

こんにちは
さいたま市南浦和の整体・カイロプラクティック・産後骨盤矯正のライフ快療院の小田智子です。

どこかにぶつけたわけでもないのに、出産後から「尾てい骨」にまたその周辺に痛みを感じるという方が多く、その傾向として

・妊娠中から痛くなりはじめた
・産後から痛くなった
・仰向けで寝ると痛い、または当たっている感じがする
・椅子に座っていると痛い
・座った姿勢から立ち上がりに痛い
・床で壁によりかかって座ると痛い

などの症状をおもちでした。

ちなみに尾てい骨は脊柱の最下部にあるとがった骨です。仙骨の下で、おしりの肛門の上に位置しています。
尾てい骨は、仙骨とともに、脊柱を正しく保ち、姿勢や運動の要の役割があります。

images

産後に尾てい骨が痛くなる原因としては?

分娩、腫瘍以外の場合、姿勢の悪さからくる体の歪み、出産・産後の体の変化による筋肉の緊張が考えられます。

特に姿勢に関しては、骨盤が後に傾くような座りかたは、尾てい骨の1か所に上半身の体重がかかることになります。

 

ホルモンの関係で骨盤周辺の靭帯や筋肉が緩みやすい時期に、多くの女性は育児や家事に追われ、自分が感じている以上に体はダメージを受け、骨盤の歪みから尾てい骨の痛みへと繋がるのです。

痛みを改善するために、まずは正しい姿勢を意識するようにしてみましょう!
椅子の奥深くに腰を掛け背筋を伸ばして、なるべく腰や骨盤を起こしたような体勢でいると、尾骨が椅子に当たりにくくなり、痛みが楽になるはずです。

doctor_140820_520_02

ライフ快療院では、骨盤矯正を中心に調整しながら、必要なエクササイズなど、一人ひとりに合わせてサポートさせていただきます。
産後のママさん達を応援する→「産後骨盤矯正コース」

ライフ快療院 小田智子

 

 

 

 

PAGETOP