産後のたるんだお腹は正しい「座り方」で戻しましょう!

こんにちは
さいたま市南浦和の整体・カイロプラクティック・産後骨盤矯正のライフ快療院の梶田です。

産後の体形で「たるんだお腹」が気になる方が多いみたいですが、皆さんはいかがですか~?
余った脂肪、シワシワの皮膚をみて、ずっとこのままなのかなと不安になってしまうかもしれませんね。

お腹は、骨盤の角度と筋肉のコントロールで変えていくことができますが、それを実感しながらエクササイズできるのは座っている時です。

産後はお腹の力が入りにくく、骨盤が後ろに倒れ、お腹の脂肪が余りがちです。
まずは骨盤を起こし、腹筋でその姿勢を維持するところから、産後の体形戻しをスタートしましょう。

ブログ 腹筋 座位 001

見た目にも美しい座り姿勢。骨盤の高さが左右対称になるように、床に座る場合の基本はあぐらで。
中指の指先を尾骨に当てた時に手のひらに当たる骨が仙骨。この仙骨が床と垂直になるように、骨盤を起こす。
骨盤を起こした状態で座ると腹筋に自然と力がはいる。あぐらで座れない人は、両足を前に投げ出し、骨盤の高さを左右対称にする。

ブログ 腹筋3 001

左側写真の座り方・・・腰痛に注意!反り腰姿勢。骨盤を起こして正しく座っているつもりが、腹筋の力が抜け骨盤が前傾しすぎて腰が反ってしまうため、腰痛の危険大。

右側写真の座り片・・・お腹がブヨブヨに、ダラダラ座り。骨盤が後ろに倒れ、猫背に。腹筋の力が抜け、肩に力がはいる。体幹部が狭くなるので、お腹の脂肪がはみ出し、お腹はブヨブヨに。

※参考文献「産後ママの心と体をケアする本」

◎ライフ快療院では、骨盤矯正を中心に股関節の調整もしながら、必要なエクササイズなど、一人ひとりに合わせてサポートさせていただきます。
産後のママさん達を応援する→「産後骨盤矯正コース」

ライフ快療院

PAGETOP