腰に負担のない座り方を意識しましょう!

こんにちは
さいたま市南浦和の整体・カイロプラクティック・産後骨盤矯正のライフ快療院の小田智子です。

いよいよゴールデンウィークシーズンですね。
ご家族で帰省したり、レジャーにでかけたりと、長時間の運転や乗り物での移動で、腰に負担がかかりますよね。

腰の骨というのは構造上、自然なカーブで少し前に反っているのが一番強くて安定した状態です。

車を運転しているとどうしても、だんだんと腰が丸くなってしまいますよね。
普段デスクワークなどで長時間座っているときも、疲れてくると姿勢を意識しようとしても難しいと思います。

悪い姿勢の時の背骨

図のように骨盤が寝てしまって、腰の骨が反対に後ろ側にたわんだような状態は腰に負担が大きくなります。

images

負担のない良い状態を維持するには腰回りの筋力が必要ですが、普段から予防としてできることは

長時間座らないようにこころがけて、仕事にしろ車の運転にしろ、こまめに休憩して動かすのが一番です。
もしそれができないようでしたら、座りながらでもたまに、上図の”良い姿勢”のように腰を反らせた状態を意識するようにしてみて下さい。ただし反りすぎも負担になりますので、骨盤を立てて下っ腹、おへその少し下くらいに力を入れるイメージで座ります。

当院では、家でできる体操も指導していますので、お体の痛み、コリ等の症状にお困りの方には「ライフスタンダードコース」

ライフ快療院 小田智子

PAGETOP