妊娠中の肩こりなどを放置すると、 産後の育児にも影響がでますのできちんとしたケアが大切です!

妊娠中の肩こりなどを放置すると、
産後の育児にも影響がでますのできちんとしたケアが大切です!

ダウンロード

肩コリの原因として、身体を支える背骨のバランスが崩れ、頭を支える7つの首の骨への負担が増し、
腕を支える首の筋肉の疲労がおきやすくなるのが考えられます。

03当院の「産後骨盤矯正コース」にいらっしゃる方をみていると、
産後に肩こりがあるアンバランスな状態で、赤ちゃんを抱いたり、授乳したりをしていると、背中の特に肩甲骨周りの筋肉が硬くなり、腕が挙がりにくくなり、腕、手のしびれ、冷え、手首の腱鞘炎などに繋がってしてしまうケースが多いようです。

産後、待ったなしで赤ちゃん中心の生活になります。
コリや痛みが出てしまっても、しばらくは痛みを我慢しながら抱きかかえなくてはならなかったり、
時間がとれず病院や治療院、整体院に行くこともこともできない、といった悩みもよく聞きます。

そこで、妊娠中でも肩こりを悪化させないよう、体のバランスの調整ができると理想的だと考えて、
「マタニティソフトカイロコース」を新しくメニューに取り入れました。

PAGETOP