「スマホ症候群」って知っていますか?これも骨盤の歪みが原因の1つです!

今、急増している「スマホ症候群」って知っていますか?

スマホ

これも骨盤の歪みが原因の1つです!

「スマホ症候群」をネットで検索すると以下のように出てきます。

スマートフォンを長時間利用することにより引き起こされる諸症状のこと。肩こりや首の痛みなど。
医学・病理についての用語ではなく、新造語であり、最近メディアで取り上げられるようになった言葉で、明確な定義や根拠は存在しないようである。

スマートフォンは、パソコンと同等の情報を得ることができるが、パソコンに比べ画面が小さいため、ユーザーは、画面の情報に集中するあまり、うつむき加減で画面を見続けながら操作することが多くなる。首の骨は、重い頭を支えるために、自然にカーブして頭の重心を保っているのだが、うつむき加減の姿勢が長く続くと、首のカーブがなくなり、頭を首の筋肉だけで支える「ストレートネック」と呼ばれる状態になるとされている。

ストレートネック

つまり、スマホの長時間利用はストレートネックになる姿勢が続き、首に多大な負担をかけるため、肩こりや首の痛みを引き起こすのである。

スマホ症候群に陥らないためには、うつむき加減の姿勢を正し、スマートフォンを目の高さに近づけ、頭が下がらないようにすることが望ましいといわれている。なお、スマホの長時間利用に限らず、ストレートネックになる姿勢を続ければ、同様の症状が引き起こされる。

と説明が書かれています。

簡単にまとめると、スマホを使う時間が急増してきて、うつむき加減が増え、いわゆる「首猫背の状態」が起こります。
そうなると、頭の重さが首に負担になってきてしまいます。

ちなみに、頭の重さは体重の8~13%になるので、体重50キロの方で約5キロの重さなんです。 結構重いですよね~。

首の骨のカーブが無くなり、いわゆるストレートネック状態になり、首や肩の筋肉に負担がかかってしまうんです。その為、首や肩のコリといわれる状態やひどくなると手や指のこわばりが発生してしまうのです。

そして、これは「骨盤の歪み」がとても関係しているんです。 背骨を支えている骨盤が歪んで不安定になっていると、頭の重さを頸椎(首の7つの骨)が支えられなくなってしまいます。

スマホの使い過ぎにはお互い気を付けたいですね!(^^)!

PAGETOP