夏は、「足がつる」という方が増えますが、どうして夏になると足がつるのでしょうか??

今回は、足がつる(こむら返り)の理由と、その予防法5つのポイントについての健康情報です!

夏は、「足がつる」という方が増えますが、どうして夏になると足がつるのでしょうか??

普段、人間は筋肉を収縮・弛緩させることで体を動かしていますが、この働きが正常に行われるためには、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルが欠かせません。

夏は、汗をかくことで、体内のミネラルや水分が失われやすくなり、また冷たいもののとり過ぎ、冷房・薄着の影響などで体が冷え、血行も悪くなっているからなのです。

◆予防法 ~5つのポイント ◆

1.偏食をしない(バランスよく食べる)
2.水分補給(ミネラル分を含むミネラルウォーターやスポーツドリンクがおすすめ)
3.運動前には軽い体操や、ストレッチをおこない、無理をしない
4.体を冷やし過ぎない生活を心がける(シャワーでなく、入浴を習慣にする)
5.毎日睡眠時間を6時間以上とる(十分安息を取り、疲労回復をはかる)

それでも足がつったら、筋肉が縮んだまま伸びなくなっている状態ですので、つっている(縮んでいる)筋肉をゆっくりとストレッチしてアキレス腱と足の裏の筋を伸ばすようにしましょう。

足を温めるのも効果的です。お試しくださいね~。

また脚のむくみや冷え、ふくらはぎのハリや重だるさなど解消には、フットリンパセラピーがオススメです!

詳細はこちらをクリック

PAGETOP